季節はずれだがお祭りの話

お祭りが好きだった。過去形なのは最近さっぱり行ってないから。

金魚すくいや、わたあめ、お菓子やおもちゃ、やどかりも買って貰った子供のとき。祭が何の祭かなんて全然関係無くて、ただただ、祭の屋台が好きだったのだと気がつく。

数年前お祭りに行ったら、屋台があまり無いような気がしてがっかりする。そんなことがあってからさっぱりだ。

あとは花火。庭先で線香花火とか、ちょっとぱちぱち火花が枝分かれしながらきれいに燃える、そんな花火が好きなのに、なかなか出来なくなってしまった。

煙が出たら通報される。別に火事ではないし、花火の匂いなら分かりそうなものなのに。近くの、比較的大きな公園に一人で行くのも空しいし。

だから、ここ、もう10年だろうか、花火をしていない。花火がしたいなあ。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。